ワンウェイ式のウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーを自宅に設置したいという方も多くいらっしゃるでしょう。
今では1人暮らしの方でも取り入れていただけるようなコンパクトなタイプから卓上タイプなどさまざまなものがリリースされています。
そして、方式についても「ワンウェイ式」や「リターナブル式」のものがありますので、より自分に合ったものを選択してただけることでしょう。
どちらが良いのかについては個々によって変わってくるかと思いますが、人気度という点でもワンウェイ式が高いようです。
今回はそんなワンウェイ式について見ていきましょう。

ワンウェイ式とはどのようなものなのか

ウォーターサーバーのワンウェイ式は、まず「お水のボトルが使い捨て」であるというのが特徴の1つでしょう。
ボトルは廃棄可能なタイプとなっています。

ウォーターサーバーというと大きなタンクのようなものがついているとイメージされる方も多いでしょう。
しかしワンウェイ式の場合は、ペットボトルのように折りたたむことが出来る柔軟さを持っているのです。
近頃では、お水の容量が減っていくのと比例をしてボトルの空気が抜けて潰れていくというものもリリースされています。
これが何を意味しているのかというと「空気にお水が触れない」ということなのです。

空気に触れないことのメリット

ウォーターサーバーのお水が空気に触れないことにどのような意味があるのかと思われるかもしれません。
しかし、これは大きな意味を持つのです。
お水が空気に触れないことによって、雑菌などの繁殖を抑えることが出来るのです。
ですから、非常に衛生的といえるでしょう。

お水そのものの品質もキープされやすいので、最後まで美味しく召し上がっていただけます。
風味が変わる・臭いが気になるなどという事もまずありませんし、賞味期限も比較的に長いということがいえるのです。

ウォーターサーバーそのものに対する影響もあります。
お水に雑菌が繁殖しないということは、サーバー本体にも雑菌が繁殖しにくいということです。
メンテナンスも比較的に簡単ですし安心できる環境を整えやすいのです。

日本の住宅事情にピッタリ

ウォーターサーバーのワンウェイ式は、日本の住宅事情にもぴったりであると言われています。
なぜなら、ボトルが潰れるという事・メーカーが回収するのではなく自らがゴミとして捨てるというスタイルのためです。
要は、置き場所を大きく作るという必要性が無いとうわけです。

コンパクトに片付けることも出来ますし、業者が回収に来るまでボトルを置いておかなくてはならないなどという手間がありません。
かさばりませんので1人暮らしの方など充分なスペースが確保できない場合においても対応しやすいというわけです。

さまざまなスタイル

ウォーターサーバーのワンウェイ式のお水についても今ではさまざまな種類が用意されています。
美味しさにとにかくこだわりたい!という方でしたら、「天然水」タイプのものがあります。
天然水といっても、もちろん雑菌に関してはろ過がなされています。
しかしながら、必要な成分については取り除くことはしておりませんので、しっかりと成分を体内に取り入れていただけるのです。
美容意識が高いという方にも人気となっています。

また、お子様がいらっしゃるという場合は「ro水」が人気ともなつていまする
高度な技術で徹底して雑菌をろ過した「純水」タイプです。
粉ミルクや料理などにも使っていただけますので、幅広く安心したお水を摂取していただけることでしょう。

これら双方においても、もちろんワンウェイ式のものは用意されています。
各メーカーによって特色がありますので比較検討をしてみると良いでしょう。

ランキング上位をワンウェイ式が独占

ランキングサイトなどを見ていただくとお分かりかと思いますが、その人気はワンウェイ式が圧倒的となっているのです。
やはり、衛生的という部分が支持を得ているのでしょう。

容量も様々ありますので、あらゆる環境に対応できますし扱いやすいという事から、初めてを設置したいと考えている方にも人気となっているのです。
備蓄水代わりにとコンパクトなタイプのものを設置するという方もまたいらつしゃいます。

ウォーターサーバー 口コミランキングサイトや口コミサイトを見ていただけるとその人気がより詳細にお分かりいただけることと思います。
料金に関しても、月々負担がかかりにくいようなものもたくさんありますので人気のワンウェイ式を気軽に取り入れていただけることでしょう。

安心できるお水環境を

このように、ワンウェイ式で美味しいお水生活をするのが人気だという事がお分かりいただけたかと思います。
安心して毎日取り入れることによって、より良い環境が整えられることでしょう。
各メーカーでお試しキャンペーンなども実施している場合がありますので、まずは気軽に体験してみるというのも良いかもしれません。
自らが満足できるサーバーを選んで長く取り入れていきましょう。